• ちきんとクッキング Chicken-too COOKING
  • ちきんとスタディ Chicken-too STUDY
  • ちきんとジャーニー Chicken-too JOURNEY
  • ちきんとお店紹介 Chicken-too INTRODUCE

 

昔から関西では、チキンのことを「かしわ」と呼んでいます。 この名には「鶏が柏の葉の色をしているから」 「柏の葉に形が似ているから」「昔、チキンを柏の葉に包む風習があったから」 など、さまざまな説があり、大和時代、 天皇の食事を用意した膳部(かしわべ)という役職に由来するという説もあります。

 
 

江戸時代、尾張(名古屋周辺)では養鶏が盛んに行われました。 尾張藩も養鶏を奨励し、500羽以上も飼っていた藩士もいたそうです。 やがて時代は明治にうつり、旧尾張藩の藩士だった海部壮平と正秀の兄弟が、 卵を多く産み、肉のおいしい新品種の鶏を開発しました。 それが現在でも地鶏として名高い「名古屋コーチン」の原種だったのです。